ストレスが限界に達した時に出る症状 中学生の私のハッキリとした症状

ストレスが限界に達した時に出る症状 中学生

ストレスが限界に達した時に出る症状 中学生

「ストレスが限界に達した時に出る症状 中学生の時から始まった症状…。」

 

ストレスが限界に達した時に出る症状について、あくまでも私の場合ですが、
中学生の時から始まった症状としてチック症に私はなってしまいました。

 

それもストレスが限界に達した時に出る症状として中学生の時は、
何でそうなってしまったのか分からず、
チック症の私はそのことについてイジメられて辛い思いをするだけで、
それでも学校には行かなければならず、後々考えると暗黒時代というところなんでしょうけれど、
その時を、どうにか生き残ったという事で、大げさな話、
今は幸せに人生を頑張れているのかもしれないです。

 

「ストレスが限界に達した時に出る症状、中学生について。」

 

あなたもそんな悩みを抱えている人の一人ではないでしょうか?

 

1. ストレス限界サイン

ストレスが限界に達した時に出る症状が出るまではごくごく普通の中学生でした。

 

それがある日を境に一気に人生が一変、クラスの変な連中に目を付けられ、
イジメられてから、それが中学一年の二学期くらいからなので、
そこから中学三年の夏くらいまでずっとイジメにあい、
私は子供ながらにストレスの限界だったんだと思いますが、
そのサインがチック症であり、登校拒否だったんだともいます。

 

それを誰にも気づいてもらえず、チック症のことを突かれ、
クラスでイジメられるし、親は親で親戚中が進学校に進んでいるので、
いつも親戚中と比べられて親や祖母からも突かれ、
変な声を出したり、顔をゆがめたり、
ビートたけしさんのクセのような動作と言えばイメージしやすいでしょうか、
そういうところで私は、チック症の症状に繋がっていったんだと思います。

 

もちろん、私なりにその状態を必死で抜け出そうと頑張りました。

 

でも、どれだけ頑張っても状況は変わりませんでした。

 

2. ストレス限界サイン 診断

しかしある時、あることをキッカケに少し症状が和らぎ、学校生活が楽しくなってきたことで、
ストレスが限界に達した時に出る症状、中学生の時のチック症の症状が落ち着き始めます。

 

同じクラスの友達たちが私の症状に気づいてくれる人が数人いて、
私の事を支えてくれたんです。

 

毎日のように朝、家に迎えに来てくれて一緒に学校まで登校してくれる仲間だったり、
あるいは学校帰りに遊びに誘ってくれたり、そこから徐々にですかね、
その後は、クラスの仲間のおかげでストレスが限界に達した時に出る症状が少し収まり、
私の中学生の時間が最悪の時間から楽しい時間に変わっていき、
卒業するときは、まだ卒業したくないと思えるほど笑顔で卒業することができたんです。

 

思い出したのがストレスが限界に達した時に出る症状に中学生の時、
母親が気づいてくれたことがあって、診断みたいなことをしてもらったことがありましたが、
それは正直、あんまり良くなかったです。

 

私は子供ながらに、心理テストみたいなことをさせられたんですが、
少しウソを答えたり書いたりして、あまり真面目に取り組んでませんでした。

 

”親の心子知らず”

 

当時を振り返ると、本当に母親には申し訳ない気持ちになりますが、
その時のストレスが限界に達した時に出る症状の私、病んでいた中学生の私は、

 

”とにかく一人になりたい”

 

そう言う気持ちが強かった気がします。

 

やっぱり誰の顔も見たくない、誰とも会いたくない、

 

何かそう言う気持ちだったのを思い出します。

 

誰かに会うと私クセのようなチック症の動作をバカにされるからです。

 

この症状は時間が経つにつれて完治していきましたが、
私のこの動作は実に大学卒業間際まで続きました。

 

よく乗り越えたと、自分で自分を褒めてあげたいです。

 

これはあくまでも私自身のストレスが限界に達した時に出る症状なので、
他にも中学生が出る症状はあるかも分からないですが、
やっぱり私が思うのは、そこに気づいてくれたなら、
そこはそっとしておいてほしいというところでしょうか。

 

”バカにされて苦しかった、辛かった、恥ずかしかった”

 

今振り返っても、

 

”なぜあんな思いしなければならなかったのか”

 

正直訳が分からないです。

 

でもそういう渦の中にいる運命だったんだからしょうがないんですよね。

 

今はそんな風に当時を振り返るんです。

 

精神科に行った方がいい人 チェック

ストレスが限界に達した時に出る症状がどのような症状なのかは分からないですが、
中学生で精神科とか、心療内科とか、そういうところに行ってどうなのか?
あくまでも私の考えですが、まず私が本人なら、どうするのが良かったのか?

 

正直、今でも答えに迷うんですが、まず、
ストレスが限界に達した時に出る症状が出ている中学生が自分から誰かに相談するとか、
たとえば親に

 

”自分は辛いから助けてくれ”

 

みたいなことは言わないと思います。

 

なぜなら親に心配かけないようにと、
子供ながらに自分自身がストレスが限界に達した時に出る症状が出ても頑張ってしまうからです。
中学生も中身は出来上がっているところがあるというか、自分なりの考えを持っているので、
おそらく本能的に

 

”親を守りたい、迷惑かけたくない、知られたくない”

 

そういう想いが先に来るので、自分の中でどうにか解決しようとするので、
そこは自分の事を知らない大人だったりに話を聞いてもらうみたいなところを入り口に、
行動していくのが、心の闇を溶かす第一歩になるような気がします。

 

話を聞いてほしいし、聞いてもらえさえすれば楽になるんですが、
信頼関係がないと素直に心を解放できないんですよね。

 

”想いを伝える、想いを聞いてあげる”

 

ここが重要ポイントになるのではないでしょうか。

トップへ戻る