死ぬほど嫌いな人 対処法〜私のかなり残念な体験談。

死ぬほど嫌いな人 対処法

死ぬほど嫌いな人 対処法

「死ぬほど嫌いな人 対処法、むしろ私の行動が普通…。」

 

死ぬほど嫌いな人の対処法は、それぞれ自然に行動してしまうと思うのですが、
私の場合は自然と言葉が荒くなるのが分かりましたが、
あえて敬語を使って必要最小限ン会話だけにして、
後はいっさい関わらないようにしてましたね。

 

私の場合、職場に死ぬほど嫌いな人がいたんですが、
対処法は徐々に学んでいった感じでした。

 

「死ぬほど嫌いな人の対処法を知りたい!」

 

あなたもそんな悩みを抱えている人の一人ではないでしょうか?

 

嫌いな人をこらしめる方法

死ぬほど嫌いな人の対処法を考える時、どうしても

 

”嫌いな人をこらしめる方法”

 

ばかり考えてしまうんですね。

 

私の相手は女性のパートさんだったんですが、
とにかく反抗的でどっちが部下か上司か分からないくらいワガママで、

 

”これをお願いします”

 

と言うと

 

”私はやりたくない”

 

とか、

 

ある時は、

 

”こんな風にやるとやりやすいですよ”

 

と言うと、

 

”じゃあ、あんたがやれば”

 

とか、とても正常とは言えない相手でしたので、何するうんでもケンカ腰と言うんでしょうか、
私だけではなく、みんなその人の事が大嫌いになり、
死ぬほど嫌いな人の対処法を探していたんじゃないでしょうか。

 

だからと言って辞めさせることもできないので、共存していくにはどうしたらいいのか、
私自身も平常心を保つのは難しかったのも確かです。

 

1、顔を見るのも嫌な人

死ぬほど嫌いな人の対処法について悩む、
顔を見るのも嫌な人ってどこに行ってもいたりするはず。

 

生理的に受け付けないとか、どうしても仲良く出来ないタイプというか、
そういうのもどうしようもないと思うんですが、

 

気が小さい方の私の場合、何課に付けて短気でケンカ腰でくる彼女がとにかく受け付けなくなり、
本当に今思うと、あれは何の試練だったのかと今でも思うことがあります。

 

「いいかげんにしなさい!」

 

って声を荒げたくなることがしょっちゅうでしたので、
そんな中で学んでいったのが、

 

”必要以上に相手にしない会話しない”

 

私の場合は仕事上の人間でしたので、そういう生き物だと思って割り切り、

 

”仕事以外の話や行動ではいっさい関わらない”

 

これが私の本当に大嫌いな、死ぬほど嫌いな人の対処法だったと思います。

 

ただ、これは人によって違うことがあるのでなんとも言えませんが、
それすらも苦痛だと言う人もいますよね。

 

私も死ぬほど嫌いな人の対処法として、そこを乗り越えるまでが大変でした。

 

相手の気分やワガママに振り回されて、明らかに私の方が良い方は悪いですが負けている感じでした。

 

そこで気持ちを切り替えて、毅然とした態度で臨み、
必要事項をビシッと指示しつつ、ワガママを言われても聞かずにしっかりやってもらう、
言われたことに対して一喜一憂しないようにしたら、いつの間にか気も気持ちもラクになっていきました。

 

 

2、嫌いな人 職場 苦痛

死ぬほど嫌いな人の対処法について、上記の私の状況と逆の場合もありますよね。

 

死ぬほど嫌いな人が上司で、その対処法みたいな、これがまた苦痛なんですよね。

 

これもありました私も。

 

今の時代、一つ間違えばパワハラになるので、あまり露骨な嫌がらせをされた場合は、
労働基準監督署とか、相談窓口はあるかともいますが、
それをする前に自分だけで解決させたいと思ってしまいますよね。

 

私もそうでしたが、それは難しいです。

 

死ぬほど嫌いな人の対処法が分かったとしても、一人で戦うと上にも潰されたりしますし、
ドンドンとストレスが溜まってしまい、今よりももっとツラくなってしまいます。

 

なので、一つの例として、その上司の事を死ぬほど嫌いな人が他にもいるはずなので、
そういう人達を出来るだけ集めて、その上の上司に訴えると言うのも一つの対処法だと思います。

 

私と他の人達は会社でそれをやって、問題アリの上司は他の部署に異動させられました。

 

すべて上手くいくわけではないですが、
どうしようもない状況であればそういう方法もとらざる負えないのではないでしょうか。

 

 

 

トップへ戻る