嫌な思い出 突然思い出す理由がようやく分かった…。

嫌な思い出 突然思い出す

嫌な思い出 突然思い出す

「嫌な思い出 突然思い出す、その理由がようやく分かった…。」

 

嫌な思い出を突然思い出す、フラッシュバックとまではいかない気がしますが、
私も、本当にここ最近なんです、中学時代の嫌な思い出を突然思い出すようになったんです。

 

もう数十年も前の話なのに、なぜか急に、楽しく過ごしている時、一人でいる時、
寝る前など、思い出す時間は予想もつかず、何とも言えない気分になるんです。

 

ただ何度も思い出すうちになぜ、嫌な思い出を突然思い出すのか、その理由に気づいた気がしたんです。

 

「嫌な思い出を突然思い出す!」

 

あなたもそんな悩みを抱えている人の一人ではないでしょうか?

 

嫌なことばかり思い出す 原因

嫌な思い出を突然思い出す、その原因は、私が思うに、
いつも思い出す嫌な出来事が自分の中で納得がいかないまま終わってしまったからだと思うんです。

 

今思えば私のなんてことない、中学生同士のお金の貸し借りの話なんですが、
金額にしても中学生なので1000円以下の大したことのない額なんですが、
納得がいかないのは金額ではなく、相手の親の態度を思い出すんです。

 

友達?がお金がないからと、私が貸したお金をいつまで経っても返さないので

 

”返してくれ”

 

と言ったところ、私の家に親を連れて来まして、中学生同士のお金の貸し借りは良くないみたいな話になり、
結局お金も返してもらえず、あやふやなまま卒業してしまいました。

 

一番納得がいかないのは、借りたお金を返さない側のヤツの親が教師だと言うところに、
私は大人になってから度々憤りを感じるようになりました。

 

自分の息子が借りた数百円を返さない、払えない親、それも教師、
自分の子供が悪いのに、さもこちらが悪いかのように上からモノを言われ、
当時を振り返ると、なんとも情けない大人だと感じつつも、相手主導で決着されたことに納得がいかない、
もう、大昔の話でそいつがどうなっているかもわからず、もう解決することはないですし、
済んだことなのでもういいし、たいしたことはない出来事だと思いながらも、
度々思い出すので、何か解決する方法はないか考えたりもしました。

 

奴を見つけ出し、あの時の話をして、解決させる方法はないかとも考えたりもしました。

 

でも、さすがにそれもね、そこまではって感じですしね。(笑

 

1、嫌なことを思い出す 声が出る

嫌な思い出を突然思い出すと言っても私の場合はそこまで深刻ではないので、
思い出すたびにカチンときて、たまには

 

「ちくしょう、あの野郎」

 

って小声で呟いてしまうこともあるので、
自分はそこまで執念深い人間ではないと思いながらも、
よほど納得がいかないんでしょうね、自分では。

 

他にも色々な嫌なこともありましたが、そのこと以外、
今は思い出すこともないので、今もなお解決策を探している最中みたいなところもあります。

 

ただ、これは人によって違うことがあるのでなんとも言えませんが、
人に嫌な思いをさせた人は、いつの日か自分も嫌な思いをするものですから、
そう考えると、相手はすでに私と同じように違う出来事で私と同じか、
それ以上の嫌な思いをしていると思えば、少しは気持もラクになるところもあるのではないでしょうか。

 

2、嫌な思い出 突然思い出す 対処法

上記でも少し触れましたが、嫌な思い出を突然思い出す場合、私の場合は人間関係でしたので、
そこにあなたの出来事が当てはまるか分からないですが、
嫌な思い出を突然思い出す時、相手も自分と同じか、それ以上のひどい目に遭っていると考えると、
少し気持ちも落ち着くのではないでしょうか。

 

人間関係以外の嫌な思い出を突然思い出す場合は、
ちょっと対処法にならないかも知れませんが、
共通することは、嫌な思い出を周りの人や、友人、知人、家族にカミングアウトするのも一つではないでしょうか。

 

突然思い出すことについて聞いてもらい、自分を肯定してもらうと、また少し違う気がしますし、
自分一人でかかえるんじゃなく、これからは周りに共感してもらうことで、
少しずつ自分の中で解決していくのではないでしょうか。

 

3、嫌な思い出 突然思い出す 病気

気をつけたいのは嫌な思い出を突然思い出す自分の事を病気だとか思わないことです。

 

私も自分の事を嫌な思い出を突然思い出す病気になったのかと思う瞬間もあったんですが、
そう思うのは過去の嫌な想いに負けてしまうようなことになりますので、
自分の中で徐々に解決できることだと思うようにしたほうがいいです。

 

私も含めていつかは背負わなくて済むようになるといいです。

 

 

 

 

 

トップへ戻る