貸したお金 取り返す 借用書なし〜私の残念な体験談

貸したお金 取り返す 借用書なし

貸したお金 取り返す 借用書なし

「貸したお金 取り返す 借用書なし、相手の状況次第で…。」

 

貸したお金を取り返すような状況にある場合、
”借用書なし”なのはよくあることではないでしょうか。

 

もちろん、会社絡みとか、最初からしっかりと手続きを踏んでのお金の貸し借りの場合は、
貸したお金を取り返すのに借用書なしということはあまりないと思いますが、
個人間の金銭のやり取りで、借用書まではかかせないですもんね。

 

私も高校時代の友人に高額のお金を貸して返してもらえたこともありますが、
返ってこないものもありました。

 

「貸したお金を取り返す、借用書なしの場合、どうしたらいいのか」

 

あなたもそんな悩みを抱えている人の一人ではないでしょうか?

 

借金 証拠 LINE

貸したお金を取り返す、借用書なしの場合、今どのような状況かにもよりますが、
後々、モメにもめた時のために、相手があなたに借金している証拠として、
LINE、あるいはメール、電話で話した音声などは後々の証拠にもなりますので、
残しておいた方が良いです。

 

私の場合はかなり付き合いの長い友人でしたので、数年かけて全額返金してもらいましたが、
もう一人の友人は結局、返してもらえませんでしたし、
返すように言うと逆ギレされたりと、そのうち蒸発してしまって行方が分からなくなってしまいました。

 

相手がどんな相手かにもよりますが、昔からの友人で、
お金に関係なくこれからも関係は続いていくというのであれば、
相手の生活の状況などを見つつ、根気よく貸したお金を取り返すしかないと思いますし、
借用書なしで、相手の性格から、私の逆ギレした友人みたいな

 

”借りてしまえばこっちのもの”

 

みたいな雰囲気の人間の場合は、自分一人でどうにかしようとせず、
共通の知人や、あるいは相手の親なども巻きこんで交渉していった方が、
もしかしたら等の本人は持ち合わせがなくていつまで経ってもラチが開かないとしても、
相手の家族との話し合いに繋がり、少なからず返金してもらえる可能性もあるかと思います。

 

ただ金額にもよりますが全額は難しい考えたほうがいいかもです。

 

1、貸したお金 取り返す 弁護士費用

貸したお金を取り返す、借用書なしの場合、弁護士に相談しょうかと考えている人も中にはいるはず。

 

「弁護士に入ってもらえば解決できる」

 

って、考えている人もいるので、
それもアリだとは思いますが、相手から貸したお金を取り返す、借用書なしの金額にもよりますが、
弁護士さんにお願いする場合は、私も聞いた話なので、確かなことは言えないんですが、
トラブルについて相談するのは無料とかあるんですけど、いざお願いするとなると、
人気のある先生とかだと莫大な費用がかかる場合もありますので、
個人間の貸したお金を取り返すやり取りで、借用書なしあるに関係なく、
あんまり現実的ではないと思います。

 

ただ、これは相手によって違うことがあるのでなんとも言えませんが、
貸したお金を取り返すため、借用書なしで困っているからと弁護士さんにお願いして仮に勝ったとしても、
相手に支払い能力がなければ結局はお金が戻ってこないみたいな話にもなりかねませんので、
そこを考える場合は慎重に考えたほうがいいのではないでしょうか。

 

貸したお金を取り返すという時点で、借用書なしあるに限らず、
相手に対して憤りを感じている部分もあるはずですが、やはりここは冷静になり、
相手と根気よく対峙していくのがベストだと私は思います。

 

私は毎月、

 

”この日にこれだけ返してくれ”

 

と言うのを決めてから貸しました。

 

最初にお金の貸し借りをした時はそう言う約束もなにもしなかったんですよね。

 

ただ相手が困っていたので、善意の気持ちで貸したのですが、その後、
手のひらを返したように態度が急変したり、貸した相手の人間性もあるんでしょうけれど、
一つの経験として貸したお金を取り返すまでやんわりと取り立てる感じでいくしかないと思います。

 

借用書なしは友達相手なら普通ですし、ただこれが仕事に関わることであれば、
それこそ弁護士とかに相談してみるのも一つではないでしょうか。

 

2、15年前に貸した お金

貸したお金を取り返す、借用書なしで、たとえ15年前に貸したお金だとしても、
私は返してもらえるならもらった方が良いと思います。

 

ただ、15年前に貸したお金が返してもらえずに、もうどうしようもない状況だとしたら、
プラスに考えるために、こんな風に考えることもできるんです。

 

”相手は人に借りたお金を返さない分、他で支払いがかさんだりして結局苦労する羽目になる。”

 

返してもらっていないあなたの方は

 

”貸した本人からは返してもらえなかったけれど、その分、他からお金が入ってきてたり、
あるいは物凄くかかっていたお金が安くなってお金が貯まるようになった”

 

とか、その分あなたには良いことになって返ってくる、相手は返さない分かそれ以上に痛い目に遭っている、
これは本当にあります。

 

正しい行いをしているとそれなりに、してないとその付けが回ってくる。

 

私の場合は返金してもらえなかった分は他からとっくに返ってきていると思います。

トップへ戻る