寝不足 症状 チェック〜私の残念な結果

寝不足 症状 チェック

寝不足 症状 チェック

「寝不足の症状をチェックしてみると…。」

 

改めてということではないのですが、
私も自分で自分の寝不足の症状をチェックしてることはありますね。

 

寝不足になっていることは自分が一番よく知っているでしょうし、
症状をチェックというか、そこに注意することで

 

”今日は早めに寝よう”

 

とか、そこは意識してます。

 

寝不足すると明らかに体調がよくないですから、
症状として色々現れるのでチェックというか、つねに気にはしてます。

 

専門的なことは分からないので、そっちで調べている場合はすいません。

 

自分自身が日常で意識している寝不足症状のチェックについてです。

 

「自分で自覚している意外に寝不足の症状はあるの?」

 

そこをチェックしているのであれば参考になれば幸いですが。

 

適正睡眠時間 チェック

自分で寝不足かどうか症状をチェックする前に、
適正睡眠時間に合わせてチェックしてみると、
自分がどのくらい寝不足なのか見えてくると思います。

 

よく言われている、睡眠時間は6時間から8時間くらい、
あるいは7時間という人もいますが、
ザックリと、そのくらいの時間、ちゃんと眠れているか、
その眠りの中でも重要なのが

 

”睡眠の質”

 

が一番大事です。

 

私は一応、夜の12時くらいに布団に入り、朝7時くらいに起きるのですが、
ほぼ毎日一度はトイレに起きるような感じなので、日によって睡眠の質が悪い日があるので、
そんな時の症状は、日によって違いますが

 

・フラフラする
・頭が重い
・目が重い
・ボケっとしてしまう
・頭痛になることもある
・頭が働かない

 

このような感じでしょうか。

 

不思議と、あくびはそれほど出ないんですよね。

 

ただ、あくまでも私の場合なんですが、
上記の寝不足の症状と思われるものは、一つ一つチェックする間もなく仕事に追われ、
午前中のうちに収まって、午後からはほぼ、いつも通りの感じになるので、
それがあまりよくないと最近は感じています。

 

そうやって知らず知らずのうちに疲れが溜まってしまって、違う病気に繋がる場合もあるので、
寝不足症状は自分でチェックして気をつけたほうがいいですね。

 

1、寝不足 影響

寝不足症状をチェックしようと考えているという事は、
すでに寝不足の影響が生活に出ているという事もあるはず。

 

「最近眠れない」

 

っていう日が続いていると、私自身も経験しましたが、イライラしたりもあるので、
判断が鈍るとか、精神的にもよくないかもしれませんね。

 

ただ、これは人によって違うことがあるのでなんとも言えませんが、
上記のような私の寝不足の症状と照らし合わせて、
それ以外にもチェックしたいことがあるのであれば、
また、それが日常生活に支障をきたしている場合は、
やはり一度、医師に相談した方がいいかもしれないです。

 

私の場合、上記以外の眠れない原因は仕事の人間関係のストレスから

 

”うつ症状”

 

が現れていました。

 

2、睡眠不足 治し方

自分自身で深刻に捉えるようなものではないと分かっている場合は、
寝不足の症状をチェックしつつ、基本、リラックスを心がけると、
自然と時間になれば眠くなり、良質な睡眠に繋げることができると思います。

 

日常生活の忙しさ、バタバタした生活の中で、
緊張した状態がどうしても続いてしまうんですよね。

 

私が始めた睡眠不足の治し方というかリラックス効果がある、

 

寝不足症状をチェックして、今日はちゃんと寝なきゃと思う時にすることはお

 

”寝る前に白湯を飲む”

 

という方法です。

 

これが案外シンプルで聞くんですね。

 

ホットミルクと言う人もいますが、私は白湯でカラダの中から温めてから寝るようにしてます。

 

すると以外にもトイレに起きると思いきや、朝までグッスリの時も最近はよくあります。

 

参考になれば幸いです。

トップへ戻る