うつ病の特徴、見た目に気づいたキッカケ

うつ病 特徴 見た目

うつ病 特徴 見た目

「うつ病の特徴は見た目では分かりずらい…。」

 

何よりうつ病の特徴で辛いところは見た目では分かりずらいところだと後々自分で感じました。
無事に鬱とかではなく、落ち込んでいるだけで気持ちを切り替えて前向きになれるなら問題ないかもしれないですが、
うつ病の特徴は、分かる人にはもちろん分かるんですが、とくに初期の場合、
見た目では分かりにくく、ただ元気がないとか、たとえば仕事や失恋などで落ち込んでるとか、
そんな風に映ってしまうから厄介なのかもしれないです。

 

「うつ病だとしたら特徴や見た目のどこで分かるのか!」
あなたもそんな悩みを抱えている人の一人ではないでしょうか?

 

・うつ病 友人 めんどくさい〜A型の私が感じていた罪悪感の種類

 

1. うつ病 顔の表情

私も軽度のうつ病にかかってしまったことがあったんですが、
特徴や見た目からは周りからは気づいてもらえなかった
ごくありきたりな一般のサラリーマンでした。

 

丁度その時は仕事の忙しさ、友人の死など、色々なことが重なってしまって、
何をしても上手くいかないという感じで仕事でも部下を指導する立場に居ながらミスが重なり、
精神的に追い詰められてしまった感じでした。

 

もちろん自分ではその状態を必死で抜け出そうと頑張りましたし、
自分は大丈夫だと、うつ病でもないし、特徴も何もない、
見た目も普通だとか髪で自分の顔の表情を確認しては気合を入れてました。

 

でも、どれだけ頑張っても状況は変わりませんでした。

 

上司の立場でミスを繰り返す私への陰口などが聞こえてくるようになり、
私はついにパンクしてしまったんだと思います。

 

私は明らかに心が病んでいることが分かるような、小さなことで切れまくるような、
さらに一人になると、急に優しい気持ちになる、
気がつくと涙がこぼれているような訳の分からないような精神状態で、
それでも自分ではうつ病やその特徴にも気づかず、
多少いつもより暗い表情というだけで見た目には分からないせいで、私は日に日に孤立していき、
職場での居場所が無くなっていきました。

 

2. うつ病 目つき

しかしある時、あることをキッカケに人生が良い方向に好転し始めます。

 

うつ病の特徴や見た目に気づいてくれた後輩がいたんです。

 

後輩も実はうつ病経験者で、私の明らかにおかしなうつ病っぽい特徴というか、
見た目には分かりにくい、浮き沈みが激しい、
妙に人前では明るい時があったりそうじゃない時との落差の激しさなどを部長に報告してくれて、
無理やりでも心療内科に行くように言ってくれたことで、
私は少しづつですが回復に向かっていきました。

 

私自身のうつ病の特徴に当てはまる、あるいは見た目が前と明らかに違うなど、
気づいてくれる人間がいなければ、たぶん私は今もなお回復していなかったかもしれないです。

 

うつ病目がおかしい

うつ病の特徴というか、見た目についての事ですが、今まで言われたことは一度もないのに、
目つきのことについて周りから言われたら、それは自分に心に何かを抱えているというサインというか、
うつ病の特徴や見た目になっている可能性を疑ってみるといいと思います。

 

私が言われたのは、

 

”いつも考え事をしながら得を見つめている”

 

あるいは、

 

”目の奥が暗い”

 

なんて言われてました。

 

ただ自分の心には響かなかったので、
そう言われたことについて全く気にも止めなかったのもイケなかったと思うんです。

 

なのでうつ病の特徴、見た目については目つきを誰かに指摘されたら気にしてみてください。

トップへ戻る